腰痛マットレスモットンの最安価格

モットンのサイズ別最安価格を調査した結果

寝返りが打ちやすくて腰痛を解消するという評判の高いマットレスのモットンを最近購入しましたが、その際モットンの販売価格をかなり調査した結果を報告します。

 

高反発マットレスモットン

 

モットンの購入を検討していて、「最安価格はどこだろう?」と色々調べているあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

あなたがネットで買い物をする場合は何を重要視するでしょうか?

 

購入から配送までの時間だったり、保証だったり、正規品であることが確実で合ったり商品によって色々な重要な要素はあるかと思いますが、やっぱり最も重要なのは価格!
少なくても私の場合はまず、販売価格が安いことが一番のポイントです。

 

 

モットンは実際の寝具店などでは取り扱いがなく、ネット通販のみなのでネットでの販売価格を調査すれば販売店舗別の価格は分かります。

 

といっても、楽天、Amazon、Yahooショッピングなど色々あって調査するのには結構時間がかかりました。

 

結論から言うと、2018年現在ではモットンジャパンが運営しているモットン公式サイトでの価格が全てのサイズで最安値です。

 

価格.comでも調べましたが、モットンについてはあまりあてにならず高額で販売しているショップばかりが表示されてしまってます。

 

モットン公式サイトでの販売価格は以下の通り。
モットンのサイズ別の販売価格は下記が最安値となってます。

シングル 39,800円
セミダブル 49,800円
ダブル 59,800円

 

ちなみにAmazonでは取り扱いしてません、いや厳密に言うと在庫なしがずっと続いてます。

 

楽天、Yahooショッピングでは取り扱いがありますが価格がモットン公式サイトよりシングル、セミダブル、ダブルともに2〜3万高くなってますのでご注意を!

 

また、モットン公式サイトで購入した場合は体に合わないとか、腰痛が思ったよりも改善しないという場合に使える90日間の返金保証がついてくるので、価格だけじゃなく保証の観点でも最も安全です。

 

モットンを実際に利用した人の評判は?

私の場合、モットンを使い始めてまだ数か月。

 

最近、90日間の返金保証期間が過ぎましたが寝起きの腰の痛みが柔らかくなってきたこともあって返品せずにこのまま使い続けることに決めました。

 

私のモットンを実際に使ってみた感想を一言で言えば「寝心地はまあまあだけど、寝起きの腰回りのハリが消えた」です。

 

最近、腰回りのハリがだいぶ気になっていて、特に寝起きは最悪でした。

 

腰痛

 

出勤前になってようやく収まってきて、夕方になるとまたハリが気になる。。。
マッサージや整体、針治療を受けたことがありますが、当日の夜までは調子がいいんですが翌日になるとやっぱり同じ。

 

 

マットレスをモットンにしてからは、マッサージなどの腰痛ケアの効果がかなり違います。

 

何もしないでモットンで寝てるだけでも良いかもしれませんが、腰痛が酷いならマッサージでも整体でも針治療でも続けつつ、マットレスをモットンに替えるのがかなり腰痛解消への近道だと思います。

 

 

モットンを実際に使っている人の満足度は約94%と、実際に使った人の評判はかなり高いですね。
寝心地が良いとかの評価を書きこんでいる人もいますが、やっぱり腰痛が楽になったという感想が多いのが特徴です。

 

とはいっても、モットンはマットレスです。

 

寝姿勢を正してくれる、寝返りが打ちやすいマットレスという意味では腰痛対策としては良いと思いますが、腰痛が酷いなら最初は寝る前にストレッチなどしてから寝ると効果がかなり違うはずですよ。

 

 

体に合わないマットレスを使っていると、腰痛ストレッチなどをしてもまた睡眠中に腰痛になってしまうだけなので。

モットン公式サイトで購入する場合の特典とは?

モットン公式サイトでは楽天やAmazon などで購入するよりも低価格で購入することが出来ますが、価格面だけでなくて保証やアフターサービスも充実しています。

 

90日間の返金保証

モットンは90日間の返金保証サービスがついてます。
これはネット通販では結構あるサービスなんですが寝具などの衛生商品では珍しいサービスですね。

 

90日間の返金保証サービスは、モットンを90日間使ってみて腰にあまり効果がないようだったら返品して、購入代金を返金してもらえるという制度です。
90日間使って、14日以内に返金手続き(アンケートフォームへの記入)をするというのと、モットン、モットンカバー、保証書の3点セットを返品するというのが条件ですがどちらも大したことありません。

 

いつまで続けてくれるのかわからないのでこの返金保証がある内に試してみるのがいいですよ。

 

180日間のメールサポート

他にもモットン購入後のアフターサービスとして180日間のメールサポートもついてます。
もちろん返金保証の手順を聞いてもいいし、モットンのメンテナンスだったり、腰痛がいつまでたっても良くならないと感じた場合に何かアドバイスをもらうなど、モットンに関する質問は何でもOKです。

 

他にもマットレスの硬さが体に合わないと思ったらもっと柔らかい、またはもっと硬めのマットレスに交換してもらえるというサービスもあります。

 

価格は一番重要ですが、これらのサービスがあることからモットンは公式サイトで購入するのが一番いいですね。

モットンは他のマットレスと違う?

私は長年使っていたフランスベッドからモットンに買い替えましたが、大きな違いはマットレスの素材です。

 

モットンはいわゆる高反発マットレスというジャンルに入るマットレスですが、これらはウレタンと言われる素材が使われています。

 

ウレタンは車の座席などで使われてる素材で、ザックリいうとスポンジのようなものです。

 

ウレタンマットレス

 

ちなみに陸上競技場競技場でも使われてます。

 

 

キッチンなどで使うスポンジは粗く出来てますが、モットンで使われるウレタンはギュッと詰まった形式で作られているいわゆる高密度のウレタンなので復元率が非常に高く耐久性も良いのが特徴です。

 

 

また、ウレタンの弾力性を持たせているので体が沈みすぎることなく、ちょっとの力で寝返りが打てるのというのが他のマットレスとの一番大きな違いです。

 

 

歳を重ねてくると筋力が落ちるというより、体が固くなってしまうので寝返りが打ちにくくなってしまいます。

 

基本的には仰向けに寝てるんですが寝返り回数を適度に増やすことは腰痛対策としては重要というのが良く言われてることですよね。
NHKのテレビでもリハビリ専門の医師が腰痛対策には寝返りが重要と言ってましたよ。

 

 

モットンは公式サイトでもいってますが、寝返りが打ちやすいというのが大きな特徴のマットレスです。

 

マットレスの弾力性が強くなると硬さを感じ、弾力性が弱くなると柔らかさを感じます。

 

これをマットレスの反発力という言い方をしてますが、モットンでは100N、140N、170Nの3種類の反発力から体重に合わせて選ぶことが出来ます。
マットレスの硬さ

 

購入前に公式サイトであなたの体重に合った反発力を確認してくださいね。

 

また、公式サイト以外ではモットン.netで購入前にチェックしたい他のマットレスとの比較や評判など参考になります。

 

 

モットン以外でも使える!腰痛に良いマットレスを選ぶ基準とは!

実際に私がマットレスをモットンに買い替えて腰痛がかなり楽になった経験からマットレスと腰痛の関係は結構深いと断言します。

 

といっても今はモットン以外でも腰痛対策として良いと言われてるマットレスがあるので色々調べてみるのもいいですね。

 

ということで、モットンでもモットン以外でも使える、あなたの腰痛によいマットレスを選ぶときの基準をお伝えします。

 

 

高いお金を出して購入しても腰痛に効果がなかった、おまけに返品も出来ないじゃ辛いですからね。

 

 

低反発マットレスよりも高反発マットレス!

低反発マットレスはモッチリとした感触と体を包み込むような寝心地でかなり気持ちがいいんですが、腰部分が沈み込みすぎて腰痛を悪化する寝姿勢になってしまう可能性が高いです。
おまけに、包む込むような感触で寝返りが打ちにくいとう特徴があるので低反発マットレスではなく高反発マットレスと言われるものにしましょう。

 

体に合った硬さの高反発マットレスを選ぶ!

高反発マットレスと言っても反発力が高いものから低いものまで結構あります。
腰痛対策として重要なのはあなたの体重に合った反発力、硬さのマットレスを選ぶことです。

 

反発力はNまたはニュートンという形で記載されてます。
このニュートンの値が大きければ大きいほど反発力が高い、つまり硬いマットレスで、低ければ反発力が弱く柔らかいマットレスということになります。

 

おおむね以下を指標をして頂ければOKです。

100N 〜体重45キロ
140N 体重45〜80キロ
170N 体重80キロ〜

 

 

まず繰り返しになりますが、体重に合わせた硬さのマットレスを選ぶことです!

寝返りと腰痛の関係

テレビでリハビリ専門のお医者さんも言ってるし、何より私自身身をもって経験したので断言しますが寝返り回数が少ない人で腰痛を持ってる人は、寝返りを増やすことで腰痛がかなり緩和されます。

 

寝返り回数が少ないと腰痛になりやすいというのは、要約すると以下の2つです。

 

  1. 寝ている間内臓の重みが腰を圧迫し続けるから
  2. 同じ姿勢でいると血行が悪くなるから

だから、寝返りを増やすというのは腰痛を緩和させるために必要なんですね。

 

私もずっと同じ姿勢で寝てましたがモットンで寝るようになってから結構寝返りを打つようになったと妻から聞かされました。

 

 

たまに寝返りが打ちにくいのは筋力が落ちたから、という人もいますが間違ってますよ。

 

 

確かにお年寄りの方は寝返りが打ちにくいということを聞いたことがありますが、お年寄りももっと筋力が低い赤ちゃんはゴロゴロ寝返りを打ちますよね。

 

寝返りに重要なのは柔らかさ。

 

筋肉が固まってしまっていると腰痛になりやすくて寝返りも打ちにくいからさらに腰が痛くなるという悪いスパイラルにはまります。

 

体を柔らかくする、または寝返りが打ちやすいモットンのようなマットレスに替えることで腰痛がかなり楽になってきます。
その意味で、モットンを購入したとしても寝る前に簡単なストレッチなどをすると腰痛には劇的に効果がありますよ。